施工の流れ
STEP.01
step.01   まずはご近隣の住民さまへのご挨拶からは工事はスタートいたします。
  工事期間中も配慮を欠かさずに、ご近隣さまからのクレームゼロを目指していきます。
STEP.02
  塗装工事の際に仮設足場、ご近隣住民さま宅への塗料・作業粉塵などの飛散を防止するシートの設置が必要となります。
  飛散が原因でお客さまや近隣の方にご迷惑をおかけしないよう、しっかりと準備をしてから塗装にとりかかります。
step.02
STEP.03
step.03   高圧洗浄機を使用し、外壁や屋根の汚れを落としていきます。
  汚れが残ったまま塗装を行うと、塗膜がはがれたり、「ふくれ」を起こす原因になります。
  この時、同時に雨樋の中も同時に洗浄させていただきます。
STEP.04
  「養生」とは、塗装しない箇所を工事期間中ビニールなどで覆い、汚れ・塗料の付着を防ぐことを言います。
  植木や自動車などに汚れ・塗料が付着しないようにカバーをします。
  ご近隣さま宅にも飛散する恐れがある場合は、同時に養生を行います。
  車の養生は朝、職人が来た際に行い、夕方帰るときには外していきます。
  また、日中車を使いたい場合などは、すぐに取り外しますので、お気軽にお声かけください。
step.04
STEP.05
step.05   外壁や屋根など、塗装する箇所にひび割れ(クラック)や表面のめくれがないかチェックします。
  もしあった場合は、専用コーキングや下地調整剤を用いて補修作業を行います。
  鉄部の箇所はペーパーや「ケレン道具」を用いて「錆落とし」を行います。
  木部の表面のはがれなども同様にケレンして滑らかにしてから塗装を行います。
STEP.06
  屋根・外壁は基本の塗装として「下塗り材」1回、「中塗り・上塗り主剤」を2回、計3回の『塗り』を行います。
  木部(破風板等)は、現状の木の状態に適した塗料材、また、鉄部(シャッター等)は、サビ止めを塗装した上、最適な塗料材を使用します。
  ベランダ・基礎等のその他の部分につきましても、最も適した防水材や塗料材を使用します。
step.06
STEP.07
step.07   塗り残しやムラがないか、塗料の飛び散りがないか、全体チェックを行います。
  不具合が判明した場合は、速やかに手直しいたします。
  塗装のチェック後は、塗装工事以外の付帯作業(エアコン配管の非粘着テープ巻き直し・配管の固定や、移動させた物の復旧等)を行います。
STEP.08
  足場を解体し、現場の清掃・周辺道路の清掃を行います。 step.08
STEP.09
step.09   お客さま立ち会いのもと、最終検査を行います。
STEP.10
  全ての工事が完工した時点でのご請求になります。
  着手金等は一切いただいておりません。
step.10
メールでのお問い合わせ